iOS版バージョン2.5で新たに追加された、外部スイッチでVoice4uを使う方法を紹介します。この機能は現在、iPadまたはiPad miniで利用できます。







1. 必要な機器について


スイッチ機能を使うのに必要な機能は次のようになります。スイッチのオン/オフ信号は、Bluetooth Switch Interface (BSI)を通じてiPadに送られます。


  1. iPad または iPad mini
  2. Bluetooth Switch Interface (BSI)
  3. スイッチ


または、

  1. iPad または iPad mini
  2. Bluetooth Super Switch (BSIが、大きなスイッチに埋め込まれた、1つの機器で2役こなすものです)




スイッチやBSIなどは、RJ Cooper Associatesおよび、Voice4uの購入サイトからもお求めになれます




BSIの充電方法

BSIには、充電池が内蔵されています。付属のUSBケーブルを、コンピューターのUSBポートに挿入すると充電ができます。フル充電で数日から1週間利用が可能です。



 

 


 

2. BSIを設定する


BSIは、bluetoothを使って無線でiPadと接続します (ペアリングといいます)。BSIの横面にある赤いスイッチを数秒押したままにしてください。すると、LEDランプが点滅を始めます。 



 


「設定」のアプリを立ち上げます。


  





(1) iOS 6以降をお使いの場合は、左のメニューの”Bluetooth“を押してください。 iOS 5の場合は、”一般”の中に”Bluetooth”のメニューがあります。


(2) “Bluetoothを使う”をオンにします。



スイッチをオンにすると、iPadが自動的にBSIを探し始めます。しばらくすると、”AirTurn-XXXX”という名称の機器が表示されるので、それを押してください。接続が開始されます。


接続が成功すると、”接続されました”と表示されます。これでBSIの設定ができました。

 


 スイッチを、BSIに接続してください。2つプラグがありますが、どちらにつないでも使えます。


 



3. Voice4uを設定する

Voice4uをたちあげてください。

















Voice4uの設定を変更します。

(1) “その他”のタブを押します。
(2) “環境設定”を押します。
(3) “外部スィッチを有効にする”をオンにします。

(4) スキャンの速度を調整できます。スライダーを左にすると遅く、右にすると速くなります。 




4. 使い方


スイッチ機能は、”カテゴリー“と”お気に入り“の画面で使えます。画面の切換え (タブの切換え) は画面を直接タッチしてください。


設定がうまくできていていれば、画面に「スイッチをおして、スキャンを開始してください」という小さなウィンドウが表示されます。 




スイッチを押してください。
 



 アイコンまたは、カテゴリーが順番にハイライトされてゆきます (スキャンニングといいます)。もう一度、スイッチを押すと、選択できます。



また、小さいウィンドウが表示されます。スィッチを再度押して、スキャンニングを始めます。使いたいアイコンがハイライトされたら、スイッチを押します。



 “フルスクリーンモード”がオンの場合は、アイコンが大きな画面に表示されます。スイッチを押すと、音声を出すか、前の画面に戻るかを選択できます。



Tip


“フルスクリーンモード”をオフにすると、アイコンの音声をすぐに出すことができます。フルスクリーンモードをオフにするには、画面右上のモードボタンを押し、スイッチをオフにします。




スイッチを押すと、その場で音声が出てきます。  


以上がスイッチの使い方になります。質問がございましたら、info@sv4u.netまでお気軽にお問い合わせください。